2008年07月14日

蜂が巣づくり

 6月半ばから、我が家の玄関軒に、ミツバチが巣を作っています。
 巣は見えないので、作っているようです、が、正解です。
 画像のなかの、黒い 点が、蜂、です。
morimachi-2008-07-14T07_23_29-1-1.JPG 軒と壁のあいだのちょっとした隙間に、作っているようです。

 はじめは、こども対策もあり、駆除を考え、蚊取り線香で、燻し作戦を試みましたが、近所の、大学の先生らしき方の助言を得て、そのまま「放置」することにしました。

 センセイ、曰く、「何かいいことあるかもしれんなぁ

 さて、ミツバチ、というと、次に、ハチミツを連想しますが、軒と壁の隙間に、巣ができて、そこに蜜が貯蔵されると、アリも心配になります。

 ただでさえ、アリ、が目に付く、家ですし。

 ミツバチ、ひとつみても、あまり、知らない世界でした。
 ↓
 これを機に、ミツバチのプチ専門家に。

 しかし、ミツバチ。6月ごろが、分封のシーズンとかで、ひとつの巣から、あらたに別の巣を作っていく、生態があるようです。

 実は、近くに、ミツバチを飼っていると噂される、ひとがいて、そこからか、と思いましたが、サにあらず、だったようです。

 野生のミツバチ、らしいのですが、これが日本ミツバチなのか、西洋ミツバチなのかは、まだ、わかりません。


 ミツバチの分封群って、よく、蜂の塊状のものを見たことがあると思いますが、まさに、
 ↓↓
 こんな感じ
 の、プチ版を、みました。

 軒の間を見るには、ファイバースコープ、ですかね??


posted by ザッキーニ at 07:23| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる力-閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。