2008年07月15日

銀座でミツバチ

きのう、ミツバチのことを書いたら、きょうは、東京の銀座でミツバチを飼うの記事を見つけてしまいました・・・ これは、NPO法人の銀座ミツバチプロジェクト、というのがあって、この19日(ということは、今週末の土曜日)から、毎月、都市生活者向けに里山の自然などを紹介する、「ファーム・エイド銀座」というのを開くのだそうです。

 まずは、今度の19日は、「やるじゃん!おコメ」と題し、米粉パンやお米ソムリエを招いてのシンポジウム。

 それと、きょうの御題。

 銀座で飼っているミツバチの見学会と、そのみつでつくったハンドクリームを実際に作ってみるワークショップを行う、ということです。



 銀座ミツバチプロジェクト、ですが、→ ここ


 実際のミツバチのプロジェクト

↓↓
↓↓(抜粋)
私たち『銀座ミツバチプロジェクト』は、食についてのシンポジウムを開催してきた「銀座食学塾」と、銀座の街の歴史や文化を学んできた「銀座の街研究会」の有志たちを中心に集まり、銀座3丁目紙パルプ会館屋上でミツバチを期間限定で飼っている特定非営利活動法人(NPO法人)です。

このプロジェクトは、ミツバチの飼育を通じて、銀座の環境と生態系を感じるとともに、採れたハチミツ等を用いて銀座の街と都会の視線の共生を感じることを目的としています。(→プロジェクトの目的)

メンバーには、バーの支配人や、スウィーツのパティシエ、演劇プロデューサー、心理カウンセラー、ランドスケーププランナー、弁護士、アナリストなど多様 な職種が集まり、多角的な視点でプロジェクトを構成しています。
またサポーターとして松屋通り親交会、ガス灯通り会、柳通り会、あずま通り会、銀座教会、地元の老舗の若旦那などの他、趣旨に賛同しプロジェクトを支援してくださる個人・団体サポーター(蜂の里親)を募り、活動を推進しています。





ラベル:ミツバチ
posted by ザッキーニ at 22:20| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる力-閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。