2008年07月17日

ヤマダ電機大衆薬参入

ヤマダ電機。いわずとしれた、家電量販店の最大手!です。 つい最近も、納入業者に派遣を強要した・・・ として、独禁法違反だと指摘され、是正を求められたばかりです、ね。

 納入業者から延べ約16万6000人を派遣させ、店の新装、改装オープンの際、商品の陳列や補充、接客などで人件費を一切払わなかったとして、公正取引委員会は6月30日、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)で、ヤマダ電機(本社前橋市、7月1日から高崎市)に、こうした行為をやめ、再発防止策を講じるよう排除措置命令を出した、とあります。

ITメディアニュースより)

 優越的地位の乱用、ということですか。

 
 それは、いいとして、そのヤマダ電機が、風邪薬なんかの一般大衆薬の販売に本格的に参入するらしいです。

 これは、ビッグニュースだと思います。

 2009年4月の、大衆薬販売の異業種参入の規制緩和を見越しての動きだそうです。

 *)薬事法の改正で、2009年4月以降は、現行の医薬品販売時には薬剤師設置義務が、大衆薬などの販売については、新しい資格の「登録販売者」を置くことで替わることができる、とされており、それを目して、コンビニやスーパー、ホームセンターなどで、販売予定が大きく見込まれています。

 ここも参照!←クリック

 これを機に、ほかの家電量販店も参入が予想されます。

 既存のドラッグストアとの競争激化で、販売価格も下がるでしょうし、熾烈な戦いが予想されますね。

 (消費者には、歓迎であります!)


 このことは、ヤマダ電機のホームページにはまだ載ってないですが、6月末の株主総会で定款に変更があり、医薬品販売が加わったため、この7/11にはJR高崎駅前にオープンした店舗に200米2の売り場を設けて、胃腸薬や漢方薬、ドリンク剤など、3000品目を揃えている、ということです。

 大きな魅力は、ヤマダの獲得ポイントが使えることです。

 
 ヤマダ電機は、ディスカウントストアのキムラヤセレクトを買収していて、ここでは、医薬品取り扱いが可能であったため、ここにいた薬剤師を、まずは店舗に配置して販売を開始するらしい、です。



posted by ザッキーニ at 19:19| 高知 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 被雇用能力・転職・再就職・いちおし会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
ここに登録販売者関係の情報サイト集があります。
http://www12.atwiki.jp/medhanbai/pages/13.html
Posted by コラテラル at 2008年07月19日 18:33
コラテラルさん、

貴重な情報サイト、ありがとうございました!
Posted by 身土 at 2008年07月21日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。