2008年08月12日

がぶり寄り

高知県地方、よさこい祭りの最終日です。きょうは、後夜祭、ということで、この時間でボチボチ、宴も終了です。 よさこいのことを書こうとしてたら、ニュースが目に付きました。元関脇、荒瀬がきのうの未明に、高知市内の施設で・・・ 亡くなった、ということです。

 おぉ!

 がぶり寄りの、荒瀬!、といえば、有名でした!!

 日刊スポーツによると、8月11日午前5時54分、急性心不全のため、高知市内の病院で死去した。59歳だった、ということです。

 荒瀬関は、強烈でした。

 私がまだ中学生のころ、敢闘賞だか、殊勲賞だか、3賞のどれかをもらった時に、高知市内を凱旋していて、といっても、回し姿で道端に立っていただけでしたが、通りすがりに、見た、ことがあります。

 その荒瀬関も引退し、いつのまにか、芸能界入りで、タレントとして、TVで見るようになっていました。

 私がよく見たのは、たしか、トウナイト、だったと思いますが、ふんどし姿で、各地の温泉の紹介をする、コーナーでした。どういうわけか、夏油温泉の紹介をしているのを、今でも、はっきり覚えております@@!!

 今回、喪主は、母親だそうで、あれ、結婚してなかったのか、と思うと、実は、離婚していたということも、記事で判明したわけです。

 以下、日刊スポーツ記事からです。

 大相撲元関脇でタレント荒勢(あらせ、本名・荒瀬英生=ひでお)さんが11日午前5時54分、急性心不全のため、高知市内の病院で死去した。59歳だった。72年初場所初土俵で81年秋場所限りで引退。83年2月に日本相撲協会を退職し、タレントに転向した。現役時代は猛烈ながぶり寄りともみあげで人気。04年に脳梗塞(こうそく)で倒れてからは入退院を繰り返していた。通夜は12日午後6時から高知県いの町ハートホーム紬(つむぎ)で、葬儀・告別式は13日午後1時30分から同所で。喪主は母荒瀬孝子(あらせ・たかこ)さん。
 長いもみ上げで「野武士」の異名を取った荒勢さんが、ひっそりと息を引き取った。関係者によると、荒勢さんは04年に脳梗塞で都内の病院に入院。必死のリハビリで快方に向かったが、今年4月に再び脳梗塞で倒れ、故郷の高知市内の病院に入院。同時に腎臓がんも発見されたという。現役時代に体重151キロあった巨体は、やせ細り、友人の1人は「本人も高知に戻った時から覚悟していたようです」と話した。この日未明に容体が急変。同県いの町の実家から母孝子さんが駆け付けたが、最期をみとることはできなかったという。
 荒勢さんは日大相撲部を経て花籠部屋に入門し、72年初場所で初土俵を踏んだ。右四つからの激しいがぶり寄りで番付を上げ、3役を通算11場所務めた。長いもみ上げが特徴で人気力士となり、横綱輪島の土俵入りの露払いも務めていた。81年秋場所限りで引退した後は年寄間垣を襲名したが、83年2月に日本相撲協会を退職。タレントに転身した。
 明るいキャラクターと「野武士」の風ぼうを買われ、83年の映画「陽暉楼」で俳優デビュー。86年にはテレビ朝日「トゥナイト」でふんどし姿で温泉リポーターを担当した。知名度を生かして01年7月の参院選には自由連合の比例代表候補として立候補したが、2711票しか獲得できずに惨敗。以降は表舞台に姿を見せることも少なくなった。
 豪快なイメージからウイスキーのCMに出演したこともあったが、関係者は「まったくの下戸で、タバコも吸わなかった」と話した。同じ日大出身で兄弟子だった放駒親方(元大関魁傑)は「けいこ熱心で立ち合いの馬力はすごかった。最近は付き合いもなかったが、若すぎるよね」としみじみと話した。荒勢さんは99年10月に11歳下のレストラン経営者と結婚するも既に離婚していた。

 合掌。

ラベル:大相撲 関脇 荒瀬
posted by ザッキーニ at 22:00| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる力-閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。