2008年08月27日

大丸(今治)の閉店

四国の中では、事業所も多く、好況を呈している、愛媛県今治地区の百貨店、今治大丸が今年一杯で・・・
 閉店するとのことです。

 2007年9月に大丸と松坂屋の両百貨店が経営統合してJ・フロントが発足して以来、閉店を決めたのは10月26日に閉店する横浜松坂屋(横浜市)に次いで2店舗目であります。

 J・フロントは収益力を高めるため大都市圏の店舗網を強化する一方、不採算店舗の見直しを進めており、今後も同様の動きが広がりそうだとしています。

(毎日新聞より)

 百貨店は、合併続きで、その効果を出すために、地方にある、都市圏と比べると弱小のデパートなどを、縮小、閉鎖していくようです。高島屋なども、同じ愛媛県に、伊予鉄高島屋としてありますが、やはり、売上が、減少気味と、新聞報道にもあります。

 地方圏のデパート関連は、閉鎖などの受難の時代でしょうか。


 高知にも、大丸がありますが、イオンに押され、なおかつ、長期的には、住民構成の所得源が年金などに偏って行くとすると、購買力も弱まって、経営が厳しくなることは、予想できます。

 先を見越して、手を打つ、は常套でしょうが、そうなると、地域の雇用も立ち行かなくなっていきます。

 困ったもんです。

 

ラベル:大丸 Jフロント
posted by ザッキーニ at 22:34| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 被雇用能力・転職・再就職・いちおし会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。