2008年12月24日

農業経営継承事業

きょうの新聞の広告欄に、デカデカと掲載されています。「後継者のいない農業経営を新たな人材が引き継ぐ」、農業経営継承事業、のことが・・・

 書かれています。

 すでに、多くの方が、この事業にかかわり、成果が出ているらしいことが、書かれています。

 例えば、

1)みかん栽培農家(売上3000万円)75歳、が、22歳の男性へ

2)シイタケ農家(売上7000万円)74歳、が、27歳の男性へ

3)養豚農家(売上4000万円)82歳、が、24歳の男性へ

4)野菜農家(売上410万円)63歳が、28歳と27歳の夫婦へ



 ほう、これは面白い取り組みですね。現在、毎日、雇用解除や雇用不安のニュースが流されているなか、そんなに、簡単ではないでしょうが、雇用・労働の受け皿、としては、「適当」ではないかと、考えます。


 この、農業経営継承事業では、まず、

・技術、経営ノウハウを引き継ぐ研修期間中(半年〜1年)は、研修費用として経営移譲者に月額9万円(最高額108万円)を助成する。

・経営を譲りたい側、引き継ぎたい双方のメリットを考慮し、安心して委譲、継承できるように経営継承合意書の締結を専門機関がサポートする。

・地元の行政、農業委員会、普及などの関係機関によるコーディネートチームがサポートし、継承のための法人化も指導する。


 この担当機関は、基本的に各県の農業会議所、です。全国のとりまとめは、全国農業会議所・新規就農相談センター、となっています。


 詳しい情報は、ここ。




posted by ザッキーニ at 19:13| 高知 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 被雇用能力・転職・再就職・いちおし会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メリークリスマス!!
.:*:・'☆'・(*^_^*):*:。♪*:☆'

厳しい景気ですが、互いに頑張ろう!

山口ジジイ
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/
Posted by 山口ジジイ at 2008年12月25日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。