2009年10月07日

ウマヅラハギ

 エチゼンクラゲがかなりの数、日本近海を泳いでいるようです。たしか、初夏のころに、発生一報が出たかと思いますが、それがいまや、日本海側から津軽海峡を通過し、先頭は茨城県沖とのこと。
 で、このクラゲ対策、魚の乱獲が原因らしく、まだ小さいときに、餌にする天敵の、ウマヅラハギなどを、養殖して増やそうとしています。
posted by ザッキーニ at 07:39| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの食品表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。