2009年10月31日

九州食品産業界が元気

 食品関連産業は九州の主要な産業ですが、いま新たに、中国や東南アジアに攻め入っています。
 たとえば、熊本の酪農業協同組合連合会は、これまでの香港、台湾、上海にくわえ、来春までにベトナムにも輸出をはじめ、さらにシンガポール、マレーシアへも出荷する予定。これらの地域は、中間層が増えており、日本品質の需要が高まっているため、らしい、です。福岡県なんかも、輸出倍増計画の広告だしたり、売り込み隊の福岡農産物通商を設立してます。そういえば、沖縄も貨物のハブ化をめざし、全日空が新会社をつくって稼働が始まったといってました。
 いまや、完全に国内向けというより、アジア市場、ですね。
posted by ザッキーニ at 20:03| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの食品表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。