2009年11月15日

アミノ酸等について

スーパーの中で見かけた、「いの一番」の商品。 いの一番って、よくCMでみた記憶がありますが、キリングループの製品だったかって?
それは、さておき・・・
いの一番食品表示
(やっぱり、元は薬のタケダの商品だったようです)
 この食品表示には、
グルタミン酸ソーダ 92%
5’−リボヌクレオタイドナトリウム  8%

とあります。

 キリンフードテック株式会社の製造販売です。いや、正確には、すでに今年の4月(2009年4月)に、協和発酵フーズ株式会社とキリンフードテック株式会社が合併し、キリン協和フーズ株式会社になっています。

 しかもしかも、先月の10月26日には、キリンホールディングス株式会社(社長 加藤壹康)の連結子会社であるメルシャン株式会社(社長 植木宏)、キリン協和フーズ株式会社(社長 桂総一郎)、協和発酵バイオ株式会社(社長 石野修一)の3社は、キリングループ内の一部事業の統合について基本合意したということです。

 まさに激動です。

 さて、今回の表示は、まさに化学調味料で、いの一番のとなりには、味の素とハイミーが置かれていました。

 グルタミン酸ナトリウム(上記では、ソーダと表記)は、食品の裏側なんかでも、強く指摘されていた、物質なんです!!

 加工食品、インスタント食品なんかには、必ずといっていいほど、入っています。入ってないものを探すほうが困難です。コンビニの弁当、ほとんどの商品、ファミレス等での味付けなどは、この化学調味料が含まれているといっても、過言ではない、ということです。

 かつては、肉類などを塩酸で溶かし、水酸化ナトリウムを加えて製造していたようですが、いまは、さとうきびの絞りかすを微生物を用いて発酵させて作るのが主流になっています。(この方法では、味の素ダントツか)

お、ちょうどいい表がありました。(参照
グルタミン酸ナトリウム リボヌクレオチドナトリウム イノシン酸ナトリウム グアニル酸ナトリウム クエン酸ナトリウム

低核酸系 味の素 味の素(株) 97.5% 2.5%      
高核酸系 ハイミー 味の素鰍X2% 8%      
高核酸系 いの一番 高核酸系 キリンフードテック(株) 92% 8%      
高核酸系 フレーブ ヤマサ醤油(株) 91.5%   4.25% 4.25%  

です。
 
posted by ザッキーニ at 18:00| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの食品表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。