2010年01月24日

竹で炊飯

拙宅の裏山に、竹が繁茂してしばらくになります。かれこれ15年と少し前に引っ越してきて、その当時は、竹はそんなに目立たなかったような記憶があります、が、多分、その記憶は・・・

竹炊飯01

 合っていると思います。

 で、きょう、竹を伐りに行きました。4本ほど伐りだすのに、1時間以上掛かり、汗もどっさりかきました。

 しかし、竹林の中は、荒れてますなぁ。

 しかも、朽ちた竹が、そのまま放置で、土に還るのはいいのでしょうが、足の置き場が困る、竹の枝が行く手を阻む、目の周辺にあたりそうになるなど、ますます、入りにくくなっていってます。

 で、腰高の直径が15cm足らずの竹を切り倒し、コメを炊こうと思いついて、やったのが、冒頭の画像、です。

竹炊飯02
(コメは1合です)

竹炊飯03
(石油ストーブの上に乗せました)

竹炊飯04
 (ちょうど、1時間で炊き上がりの感じ)

竹炊飯05
 (で、10分ほど蒸らしたあとの、できばえですが、下のほうは水分多過ぎ、表面は少し芯が残る、感じでした。外で食べる分にはOKだったでしょう)
ラベル:竹炊飯
posted by ザッキーニ at 23:04| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる力-閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。