2010年08月22日

侍、長次郎

今晩の龍馬伝、はやくも34回目ながです。さて、昨日は、夏の甲子園大会、決勝戦で、沖縄興南高校が、祈願の春夏連覇を飾ったがです。で、龍馬伝のほうは、饅頭屋の近藤長次郎が、エゲレスへ留学しようと企てたものの、荒天のため失敗し、亀山社中へ迷惑がかかることを憂慮し、侍として切腹をするところ・・・



 ながでした。

 長州への軍船と鉄砲多数をしぶとい交渉の末、獲得した、ネゴシエーターの手腕を称賛されると思いきや、独断での名義の一件で、仲間からケチョンケチョンに言われ、少々メゲた長次郎は、グラバーの「つぶやき」に一転本気し、エゲレスへの留学の夢を、現実のものと、見紛うたがかもしれません。

 しかし、長次郎さん、ドラマでも割りと早いうちから出てましたね。どうもご苦労様でした。


 ところで、きょうは、弥太郎のふるさと、高知県安芸市へ行っちょったがです。まさに、岩崎弥太郎の生家へ行ってきました。ちょうど20年ぶりくらいかと思います。随分と、道も分かりやすくなって、生家自体もだいぶきれいに整備されたように思いました。

posted by ザッキーニ at 23:23| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。