2010年10月03日

清風亭の対決

きょうは、10月最初の龍馬伝、第40回目、でした。あの吉田東洋の甥っ子、後藤象二郎と坂本龍馬が会談した長崎榎津町の清風亭でのシーンがメインながでした。後藤が長崎へきたきっかけは、・・・

 大殿様、山内容堂の命を受けてという設定じゃったですが、実際は、土佐にいても土佐勤党の残党らに命を狙われているので、それらから逃れるためとされちょります。
 で、長崎清風亭での会談になったがですけんど、龍馬は、土佐藩に薩長と手を組んでしかも、幕府に大政奉還を進言する要のポジションを提案するがです。

 で、後藤は、亀山社中を土佐商会に合一させようとするがです。
 それは、OKとなり、結果、後藤自身の身も守らせることになったがです。

 結局、事はうまく進み、土佐商会を設立し、藩を上げてのビジネスにまい進するようになるがです。

 一方、龍馬は、お龍のひざまくらで、「これからは才谷梅太郎を名乗るきに」とつぶやくがです。ここが、先日のラジオ番組で暴露しよった「やわらかかった」というところながです。


 
                           
posted by ザッキーニ at 21:47| 高知 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 龍馬伝のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
後藤は、金遣いが荒く、
明治になって、
岩崎に随分たかってたそうですなあ
大政奉還の記述で、教科書に名前も出てる、大物ですが
Posted by 山口ジジイ at 2010年10月07日 23:28
こんにちわ
良く分かります。
ありがとうございます。
Posted by 太郎 at 2010年10月09日 13:21
今、龍馬伝観てますが、
やっぱ、どうしても
違和感がw
Posted by 山口ジジイ at 2010年10月10日 20:32
違和感、あっての、大河ドラマですきに。。。。
よろしゅう、お願いします、きに。。。
Posted by morimachi at 2010年10月11日 20:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。