2010年11月14日

土佐の大勝負

きょうの龍馬伝、「土佐の大勝負」。第46回目。龍馬はお忍びで、土佐に入り、土佐藩の重役連中と、いろいろ議論を重ね、ついに、山内容堂公に対し「将軍慶喜への大政奉還建白」を決意させることになったが、です。 武市さんも、久しぶりに・・・



 出てきたが、です。

 そういえば、武市さん、龍馬伝から姿を消したら、いろいろなCMに出演が決まって、という噂を聞いちょりましたが、どうも、まだ、視認しておりません。というか、TVは週末ぐらいしか、ほとんど見てない、現状ながですが・・。

 今回の、容堂公への直訴は、ちょっと、やりすぎたかえ? というのが、本音。まぁ、そこに至る、後藤の容堂公への説得場面に、気迫を感じましたが。ここは、史実に基づく描写と大河ドラマの描写の交錯するところ、なんすかね。

 それから、先週の場面でも、出てきたがですが、波打ち際での、いくつかの場面は、テロップにあった、撮影協力、「茨城県高萩市」の海岸、ながですね。おそらくは、高知の桂浜あたりを想定して、映し出していると思われますが(うしろに、断崖も見えて、あれは桂浜の竜王岩のことだろうと)、やはり、

 ここ

 でした!

 赤浜海岸。うしろは、たしか、かもめの産卵地として有名だったんじゃないか、とあやふやな記憶が、あるがです。実は、高萩市は社会人になって仕事をはじめた頃(昭和60年ごろやろうか。。もう25年も前のことかよ・・・)に、営業で廻ってたエリア、ながです。高萩協同病院、ゆう、病院を月に1回程度訪問しておりました。実に、なつかしい。この北隣に、北茨城市があり、そこに市立病院があったと記憶してますが、そこは、2ヶ月に一度くらいの割合で行ってました(つまり、その当時の社の製品を市立病院はそれほど使ってくれてなかった、わけながです)。

 ま、そういうことは、今回、龍馬伝とは、全然関係ないこと、ながです。

 追)高萩から北茨城へ行く国道沿いに、永谷園の工場があって、こんなとこで作ってるんだ、との記憶があります。

 ちなみに、高萩市のホームページは、ここ
 おお、高萩市長、おんし〜(失礼!)、若いのぉ。事業仕分けにも参加しちゅうのぉ〜。

 また、北茨城市は、ここ

 です。

 で、きょうの土佐の大勝負、では、容堂公に、大政奉還の建白を約束してもろうたわけですが、その実際の建白は、来週のこころ、ながぜよ。


 

 
 
posted by ザッキーニ at 23:44| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 龍馬伝のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桂浜だとばっかり思ってましたw
一目で見破るとは、すごいですね
なるほど、青春の一ページだったのですね
病院の営業となると、薬の営業だったのでしょうか?
かなり厳しい仕事と聞いたことがあります
さて、龍馬伝、私もちょっと違和感がありましたな
坂本と容堂公が対面するとは、
容堂公は、坂本が優勝したことすら、覚えてなかったそうで
まあ、ドラマだからですね
Posted by 山口ジジイ at 2010年11月15日 01:32
いえいえ、とんでもありません。

それより、更新が1週間に1回は、少な過ぎ、で、なんとかせねば、です。
Posted by morimachi at 2010年11月22日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。