2011年02月20日

コラーゲンのこと

先日、見ていた週刊誌のなかに、コラーゲンの記事があり、目に付いたがです。いまは、何でも、コラーゲンと表記していれば、飛ぶように売れる、サプリメント業界の4番バッター的存在ですが、・・・
週刊誌記事コラーゲン

 そもそも、コラーゲンは、分子量が大きいタンパク質なんで、口から取り込んだあと、昔、習ったように、タンパク質→ペプチド→アミノ酸 へと分解していくわけです。

 なので、コラーゲンを食べたからといって、そのまま、コラーゲンになる、わけではない、というのが、サイエンスの常識だった、ところに、実は、コラーゲン分子を分解して、ペプチドの状態で血液中に取り込まれ、そのあとで、コラーゲンに生合成されていくんではないか、という研究発表がされた、ということなんです。


 たしかに、何かの番組で、高齢の猟師が、毎日、ゼラチン質のものを食べてるので、関節の痛みも全然ないし、つやつやしておるぞい、というようなシーンがあったことを思い出します。

 正しいことは、不明ですが、上記、あり得る話でもありましょう。何せ、人体の不思議、です。ひとによっても、分解や体内合成のあり方も変わるはずです。

 そういう意味では、サプリメントも、有効なんでしょう。もちろん、ひとそれぞれに。

タグ:コラーゲン
posted by ザッキーニ at 01:18| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの食品表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186789202
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。