2011年02月20日

エジプト革命

さっき、NHKスペシャルでやっていた、「ネットが革命を起こした 〜アラブ・若者たちの攻防〜」、見入ってしまいました。ついつい、TV、新聞では、サラッとしか読んでなかったのですが、チュニジア革命を受けて、それに触発されての行動だったですね。

 チュニジア革命に触発されて、でしたが、3年前に、4・6デモというのを仕掛けています。首謀者は、22歳の若者でした。エジプトでは、「大学を出たけれど・・・」がひどいらしく、若者の失業率、独裁者による統治、食糧価格高騰などで、不満が一気に爆発したものです。

 で、アラブ、アフリカ、中東地域では、こうした独裁政治は、かなり数多く、今回の発端になったチュニジアでは、路上販売(屋台)をしていた若者が、警官に尋問、取調べを受け、無許可であったことから、金品等の不当な要求を受けたこと、虐げられたことに対する、抗議の焼身自殺をしたことが、瞬く間に、インターネットの動画を通じて、周辺地域に広まったことが大きく関係しています。

 それをみた、エジプトの今回の首謀者たちが、1/25にデモをするきに、広場に集まれとのネット等での呼びかけに、予想以上のひとびとが参集したのが、エジプトでの革命の始まりでした。

 その後に、政府機関による、ハッカーを使っての弾圧や反政府ネットワークつぶしなどネットでの攻防や政府によるインターネットの遮断、無国籍ハッカー集団(アノニマスグループ)による政府機関へのハッカー攻撃などなどで、政府はついにムバラク大統領の辞任に追い詰められたわけです。(2/11辞任発表)

 大統領辞任後のエジプトは、次期政権構想のなか、まだまだ混乱が続いていますが、いま、さらに周辺のイエメン、バーレーンなんかに飛び火しています。それらに、上気したハッカー集団「アノニマスグループ」が一斉攻撃をしている、らしいです。

 しかし、インターネット、FacebookやTwitterを使った民主化運動、広がりがすごいですね。

 この動きが、いつ中国に伝播していくのか、週刊誌等でも書かれていますが、勿論アメリカは、これを画策していると思います。

posted by ザッキーニ at 22:15| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる力-閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186942253
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。