2011年03月29日

福島原発その後(4)

福島第一原発2号機からの放射性物質は、けっきょく基準の「1千万倍」ということではなかったようですが(これ自体もお騒がせ!)、それにも増して、管理区域「外」のトレンチから、1シーベルト以上(!)もの高濃度の放射性物質を含む水を発見!と・・・


 あり、事態は、一退ではなく、三退の様相と思えます。


 原子力安全・保安院の原子力関連・緊急情報【第61報】(29日15時00分現在)からは、

前回からの変更点は以下のとおり。

1.原子力発電所関係

○福島第一原子力発電所

・1号機において、消防ポンプによる淡水の原子炉圧力容器への注入を仮設電動ポンプに切り替え(29日8:32)
・3号機について、コンクリートポンプ車(50t/h)による放水(淡水)開始(29日14:17)
・4号機について、中央制御室の照明復帰(29日11:50)
・3号機建屋外について、残留熱除去海水系配管のフランジを取り外した際、協力企業作業員3名が、配管に溜まった水を被ったが、水を拭き取った結果、身体への放射性物質の付着はなかった。(29日12:03)


2.原子力安全・保安院等の対応

・3月28日、官房長官から福島第一原子力発電所から半径20km圏内の立ち入り規制の継続について発言。同日、原子力災害現地対策本部から関係市町村に対して、20km圏内の避難地域への立入禁止について通知。

・原子炉等規制法第62条の3及び電気関係報告規則第3条に基づき、東北電力(株)女川原子力発電所における事故故障等(津波による2号機原子炉補機冷却水ポンプ(B)等の故障及び1号機補助ボイラー重油タンクの倒壊)についての報告を受理。(29日11:16)

---
ということです。

 なお、その前回、第60報(29日8時00分現在)では、

前回からの変更点は以下のとおり。

1.原子力発電所関係
○福島第一原子力発電所
・1から3号機タービン建屋外のトレンチ(配管を布設しているトンネル状の地下構造物)の立坑に水が溜まっていることを確認。水表面の線量は、1号機が0.4mSv/h、2号機が1,000 mSv/h以上、3号機はがれきがあり測定できず(27日15:30頃)。
・3号機について、消防ポンプによる淡水の原子炉圧力容器への注入を仮設電動ポンプに切り替え(28日20:30)。
・福島第一原子力発電所の敷地内(5地点)の土壌から、平成23年3月21日及び22日に採取した試料の中に、プルトニウム238、プルトニウム239、プルトニウム240を検出(28日23時45分東京電力発表)。検出されたプルトニウムの濃度は、過去の大気圏内核実験において国内で観測されたフォールアウト(放射性降下物)と同様、通常の環境レベルで人体に問題となるものではない。

2.原子力安全・保安院等の対応
【3月28日】
 原子力安全・保安院は、東京電力(株)に対し、タービン建屋の屋外で確認された水に係る報告が遅れたことに対し、重要な情報については、社内の情報伝達をスムーズにするとともに、適時適切に報告が行われるように指導した。

 とあり、プルトニウムが確認されたとあります!


 こりゃ、一大事でしょ!




 それと、福島第1原発の状況情報(3月29日17時30分現在)について、

 東京電力の福島第1原発(福島県)の1号機から6号機の現状は以下の通り。2011年3月29日17時30分現在(枝野幸男官房長官の会見などをもとに、極力最新情勢を反映させますが、反映が遅れることもあります)。

【1―6号機】

●新情報::3月29日、4号機中央制御室で点灯。

【1号機】

●新情報::

●燃料棒::冷却装置作動せず、露出。
 ::3月23日、炉心400度、後に約320度(想定最高約300度)。

●原子炉格納容器・圧力容器::
  ::3月25日、「放射線、原子炉から漏れ出している可能性」。

●外側の建屋::3月12日に水素爆発、上部が吹き飛ぶ。
  ::3月24日朝、白い煙。

●炉心への冷却水::3月12日、海水注入開始。
  ::3月25日、注水を海水から真水へ。

●使用済核燃料プール::

●非常用電源::3月19日、外部電源にケーブル接続。
  ::外部電力供給。
  ::3月24日、中央制御室で点灯。

●地震発生時::稼働中、自動停止。

【2号機】

●新情報::

●燃料棒::冷却装置作動せず、露出。

●原子炉格納容器・圧力容器::3月15日、圧力抑制室損傷。
  ::3月25日、「放射線、原子炉から漏れ出している可能性」。

●外側の建屋::3月14日の3号機の爆発で損傷。
  ::3月21日、白煙確認。
  ::3月24日朝、白い煙。
  ::3月28日、建物外のトンネルに水。毎時1000ミリシーベルト以上の放射線検出。

●炉心への冷却水::3月14日、海水注入開始。
  ::3月26日、原子炉冷却水を海水から真水へ。

●使用済核燃料プール::

●非常用電源::3月19日、外部電源にケーブル接続。
  ::3月22日、電源復旧作業を再開。
  ::外部電力供給。
  ::3月26日、中央制御室点灯。

●地震発生時::稼働中、自動停止。

【3号機】(MOX燃料使用)

●新情報::

●燃料棒::冷却装置作動せず、露出。

●原子炉格納容器・圧力容器::
 ::3月25日、原子炉「毀損の可能性十分ある」(安全・保安院)。
 ::3月25日、「原子炉につながる配管など損傷か」(安全・保安院)。

●外側の建屋::3月14日、水素爆発で大きく損傷。
 ::3月16日、白煙を確認。
 ::3月21日、「やや灰色がかった煙」。
 ::3月22日夜、中央制御室の照明が点灯。
 ::3月22日夕、黒い煙。作業中断。黒煙はおさまる。
 ::3月24日朝、白い煙。
 ::3月24日、作業員3人が被ばく。

●炉心への冷却水::3月13日、海水注入開始。
 ::3月25日、原子炉冷却水を海水から真水へ。

●使用済核燃料プール::水位低下で使用済核燃料過熱。
 ::3月17日、自衛隊ヘリから冷却水投下。
 ::3月17日夜、自衛隊の特殊消防車が冷却水放水開始。
 ::3月18日昼、自衛隊の消防車が陸上から冷却水放水。
 ::3月19日〜東京消防庁が連続放水。

●非常用電源::作動せず。
  ::外部電力供給。

●地震発生時::稼働中、自動停止。

【4号機】

●新情報::3月29日、中央制御室で点灯。

●燃料棒::停止中のためなし。

●原子炉格納容器・圧力容器::

●外側の建屋::3月15日、爆発し出火、屋根の一部や側面に穴。
  ::16日再出火、鎮火状態。
  ::3月24日朝、白い煙。

●炉心への冷却水::不要。

●使用済核燃料プール::「水位低下で使用済核燃料過熱」情報。
  ::3月17日、「水ある様子を確認」。
  ::3月20日、冷却水を放水。
  ::3月21日、自衛隊が冷却水放水。
  ::3月22日〜50メートル超アーム付き特殊ポンプ車で注水。

●非常用電源::作動せず。
  ::3月22日、電源復旧作業を再開。
  ::外部電力供給。

●地震発生時::定期点検のため停止中。

【5号機】

●新情報::

●燃料棒::

●原子炉格納容器・圧力容器::
  ::3月20日、冷温停止(原子炉内100度下回る)。

●外側の建屋::

●炉心への冷却水::

●使用済核燃料プール::3月19日、プール冷却ポンプ稼動。
  ::3月20日、燃料プール水温が通常レベルに。

●非常用電源::外部電源供給。
  ::3月23日、ポンプトラブル。

●地震発生時::定期点検のため停止中。

【6号機】

●新情報::

●燃料棒::

●原子炉格納容器・圧力容器::3月20日、冷温停止。

●外側の建屋::

●炉心への冷却水::

●使用済核燃料プール::3月20日、水温下がり安定。

●非常用電源::3月19日、非常用ディーゼル発電機起動。
 ::外部電源供給。

●地震発生時::定期点検のため停止中。

【使用済核燃料共用プール】

●新情報::

状況::約6400本保管。3月18日、ほぼ満水。
  ::3月21日、注水、16時30分時点で水温61度程度。


 しかし、ここにきて、炉心や核燃料プールへの冷却のための水やりを続けることとその水がオーバーフローして環境の漏れ出す、という二律背反的なことが起こっているちゅうことです。


 ここにきて、政府は東電を国有化しようと検討しているようです。本日の株価終値は、560円くらいですか。まだまだ、下がる気配ですな。紙切れ化を懸念して、また売りを誘うと。。。


 その東電、フランス電力(EDF)や核燃料会社アレバ、原子力庁などフランスの原子力関連企業・機関に支援を要請したことのことです。これらをもって、東電が白旗を揚げたと書く紙面もあるがです。

 福島第1原発3号機で現在使われているMOX燃料は1999年にアレバ社で製造され、フランスから運ばれたものということです。


 なんだか、原発のその後が深刻化と長期化が進んでいます。被災地での復旧も仮設住宅の着工が各県で始まり、いよいよ本格化へという段階です。

 








posted by ザッキーニ at 23:01| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる力-閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。