2011年04月06日

1億倍

ついに基準の1億倍の濃度を検出、と出たがです。4月5日に、東京電力は、福島第1原発で2号機の取水口付近の海に流れ続けている水から、国の排水基準の1億倍の高濃度のヨウ素131が検出されたと発表した。基準値って、どのくらいでしたか・・・


 検出された値は、1cm3当たり540万ベクレルということです。


 今まで、100倍とか1000倍という数字でしたが、ここにきて、100万倍、1億倍、という数字です。


 ラジオでは、原子炉内部はすでにコントロール不能な事態であると推測され、一刻もはやく、世界の原子力分野の研究者の知恵を集結し対処すべし、というコメントが出されてたですね。(4/5のラジオ)


 実際、5日には、北茨城市の大津漁業協同組合が同市沖で獲ったコウナゴの放射性セシウムが国の基準値を超えたと発表しています。茨城県の漁港所属の漁船が銚子の港への水揚げを拒否されたともあります。

 6万トンにものぼる高濃度汚染水の海洋投棄も心配ですね。


 参考

 参考2

 
ラベル:放射性物質
posted by ザッキーニ at 03:03| 高知 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 生きる力-閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福島第一原発
やばいですねえ
一機でもダメになったら、近づくことができないので
全て放棄するしかない
祈るような気持ちです
Posted by 山口ジジイ at 2011年04月07日 22:27
ホントですね。
綱渡り、ですね。
予言者は、爆発する、って。。
3号機の爆発は、不穏ですね。鉄骨飴のように曲がってしまって。
Posted by morimachi at 2011年04月10日 22:45
今日、大きな余震がありました
1時間弱ですが、冷却水の注入が
できなかったそうです
祈るしかありません
Posted by 山口ジジイ at 2011年04月12日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。