2011年05月22日

福島原発その後(9)

今週は、蒸し暑い日が続き、すがすがしい5月の気候はもう終わりかよ〜、という感じです。間が開いております。福島原発、この週で、当時を振り返って、「実は、〜」みたいな様相です・・・



 福島原発のことは、日々、TV、ラジオ、新聞等のニュースで入ってきますが、なかなか、頭の中に整理して残ってないのが実情。

 なので、日曜朝のサンデーモーニングなんかは、この1週間の経過が、まとめて、放送されるので、気に入っておるわけです。

 これらの報道でも、1号機のメルトダウンが、地震のあった翌日には、すでに起こっていた、ということが判明したがです。

東電の発表より↓

-------------------------------------------------------------------------
当社福島第一原子力発電所1号機の炉心状態について

                             平成23年5月15日
                             東京電力株式会社

 当社は、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う福島第一原子力発電所の事故に関し、その収束に向けた当面の道筋をとりまとめており、現在、事態の収束に向けて全力を挙げて取り組んでおります。
 また、この取り組みとあわせて、地震発生後の対応履歴やプラントデータの整理を行っております。
 その中で、現在得られている記録データおよび記録に基づく推定による炉心状態の解析を実施することといたしました。

 その結果、『1号機は、津波到達後比較的早い段階において、燃料ペレットが溶
融し、圧力容器底部に落下した。
』という評価となりました。

 一方、現在の1号機の炉心状態については、燃料は、注水により安定的に冷却されており、今後、大規模な放射性物質の放出に繋がるような事象の進展はないと考えております。

 なお、今回の解析は、必要な情報がすべて得られているわけではなく、暫定的なものであるため、今後の調査により、更に詳細な炉心状態の把握に努めてまいります。

 また、2、3号機についても、今後、同様の解析を実施してまいります。

                                  以 上
--------------------------------------------------------------------------

 で、結局、2号機も3号機も同様に、炉心溶融の状態であることのようです。

 しかも、むしろ3号機のほうが、この3基のなかではもっとも厄介で、予断を許さない状況であることも、伝わってきています。


 まだまだ、先は長い。。

posted by ザッキーニ at 22:02| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/203099192
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。