2006年07月06日

月餅の味

月餅といえば、中村屋でしょうか。(偏見? 了見が狭い?)


きょうは、高松の三越で買いました。

結構、いろんなものが含まれています。  
木の実餡【原材料】 小麦粉、糖類(砂糖、水あめ)、りんご、落花生、くるみ、動物性油脂、カシューナッツ、鶏卵、冬瓜、レーズン、でん粉、パイナップル、白胡麻、白餡、バター、レモンピール、いちじく、コーンシロップ、杏、洋酒、みりん、ソルビット、酒精、膨張剤、乳化剤、着色料(カラメル)、カゼインNa、酸味料、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

もひとつ、

小豆餡【原材料】 糖類(砂糖、水あめ、ブドウ糖果糖液糖)、小麦粉、小豆、植物油脂(大豆油、落花生油含む)、くるみ、鶏卵、白餡、バター、黒胡麻ペースト、コーンシロップ、みりん、ソルビット、調味料(無機塩)、カゼインNa、乳化剤、膨張剤、着色料(カラメル)、香料

凝った材料のようです。さすが、新宿・中村屋。

ところで、うまい、月餅はないか、と(勿論中村屋はうまい)、探してみたりすると、

http://girls2.www.infoseek.co.jp/shopping/gourmet/

なところで、月餅 をクリックすると出てくる。


ところで、月餅(げっぺい、中国語 ユエピン 、英語 Mooncake)は、中華饅頭の一種。
以下、引用

月に見立てた丸く、平たい形は共通であるが、中華人民共和国|中国各地で大きさ、材料、中に詰める餡などには違いがあり、またそのいわれについても諸説がある。

最も有名なものは「広式」と呼ばれる広東省広州のスタイルで、柔らかめの餡や皮を用い、塩漬けし茹でたアヒルの卵の黄身を入れたものに人気がある。小豆餡の他、ハスの実の餡やナツメ餡なども一般的である。

一方、北京など、北方のものは、一般的に水分が少なめの餡を使い、クルミや松の実などのナッツを入れたものが多い。水分が少ない分、保存性は比較的高い。香港ではアイス月餅など、新しく作られたバリエーションが豊富である。

一般的に、砂糖を多く含むほか、ラードなどの油脂分も含むため、見た目以上にカロリーが高い菓子である。

旧暦の8月15日 (旧暦)|8月15日の中秋節の時、家族や親しい友人が集まり、月を愛でてこの菓子を食べる風習がある。現在は、中秋節が近づく頃、親しい人やお世話になっている人にこれを贈ることが盛んである。数多く贈る手間を省いたり、新しいものを入手できるように、特定の店で使える月餅専用の商品券で贈る場合もある。数を多く贈ると、結構な出費となるので、香港では、毎月積み立てをして商品券を受け取れる様にする制度もあった。現在は金箔を貼ったり、素材に凝った豪華なものも出てきているほか、箱に時計や洋酒といった高価な商品を詰め合わせて売る商法もあり、贈賄問題となる例もある。

日本国内では、菓子メーカー中村屋が日本人の口に合うように調味した商品を開発(油の量を減らし、皮の触感を調整)、全国の食品店に流通して広まった。それとは別に中華街や中華料理店で販売する例も多く、また中国茶とセットの喫茶や飲茶で出される例もある。

(やっぱり、中村屋が日本での普及に一役買ったんだ)
posted by ザッキーニ at 00:12| 香川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの食品表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。