2006年10月19日

ここは、高松

秋は、一日一日、少しずつ深まっていってます。・・・四国は、香川県高松。


去年(2005年)の春(選抜)に、72年ぶりに甲子園出場を果たした、古豪、高松高校のある高松。

-------引用---
高松は元々、災害と無縁の豊かな土地です。雨は少ないけど、香川県出身の弘法大師(空海)の発案による溜池がいっぱいあって、大体の台風はよけてくれます。去年の高潮の被害等は、誰も予想外の出来事でした。もともとが松平譜代大名の土地柄である上に明治維新後、大蔵省の決めた地方都道府県の人口50万人以下の県庁所在地市役所の財閥の縄張りにおいて、高松市は三井グループの縄張りになったので、三井グループの風土とピッタリとフィットし、古くから三越があります。また、高等裁判所が高松にあるので、四国の中心でもあり、JRの線路も、高速道路も、全て、高松を中心に設計されています。大手企業の大部分はその四国支店を、全て、高松市に置いています。例外は、NTTとNHKの四国本部が松山市にあることですが、NTT四国本社は松山に、NTTドコモ四国本社は高松にあり、NTTグループは別れています。ただし、NTT四国はNTT西日本の支配下にあるので、四国電力本社とJR四国本社が高松にある限り、高松が四国の中心である経済状態は変わりません。また、第二次世界大戦の空襲で高松は丸焼けになったのですが、建設省の決めた戦後復興整備モデル都市に、静岡県の浜松市と共に、香川県の高松市が選ばれたので、中央通りを中心にして、碁盤の目になった、高松市中心街が美しく作られました。

以上の要因により、良きにつけ、悪しきにつけ、高松はハングリーさも、その裏返しのヴァイタリティーも皆無の、大きな消費都市です。

東京からの情報は、四国の高松に一番早く届き、それを四国全域に発信しないといけない場所なのですが、その期待にはあまり応えていません。その代表が、高松のサンポートタワーがランドマークタワーだと思い込んでいる、高松市の上層階級の一部の人達です。東京では、50階以上の建物が高層ビルなので、30階というのは非常に中途半端ですので、東京新宿の高層ビル街を知っている人達においては、あれがランドマークタワーだと思っている人はあまりいないようです。第一、30階しかないのに、中に入る企業が皆無だったので、香川県庁が東京海上火災等の大手優良企業に頼んで入ってもらい、高松市内中心部の寿町近辺の中央通り沿いの大手の支店が並んでいたビル街は、サンポートタワー内への移転のために、歯抜け状態になってしまっているのですから、お話になりません。

が、まあ、今だに、四国にはセブンイレブンが1店もなく、イトーヨーカドーにも見放されている地域なので、それはそれでいいんじゃないかな、と、親の介護のために四国へUターンして以来、11年近くたってしまったぼくは、この頃では、サンボートタワーにもニューレオマワールドにもあんまり期待しなくなってて、「やっぱ高松は栗林公園だぜ。何しろ、閉館時間が21世紀になった今も『日没』だなんて県立公園、どこにもないよ。すごいだろ。」なんて自慢を、東京の友人達にし始めている〔笑〕状況です。 30階建ての「サンポートタワー」のみすぼらしい外観が、すぐ向かいの「全日空ホテル高松」の美しい外観をダメにしてしまったことを目にする度、ピアノや弦楽器をダメにする潮風の吹く海のそばの「サンポートタワー」の中に「高松市民会館」というコンサートホールを入れてしまった、クラシック音楽生演奏への造詣ゼロ以下の人達は、良くも悪くも全員、後述の、曖昧でファジーなさぬき弁を象徴するさぬき人なのだから、「サンポートタワー」こそ、今の香川県の「ランドマークタワー」だ、本州の文化人にバカにされるというのも、21世紀の「ランドマークタワー」のあり方だ、と、前向きに〔笑〕考えるようになりました。思えば、大学時代も含めて、東京に住んでいたのは20年間でしたから、その半分以上の時間が、Uターンした高松で流れちゃったんだなあ。次第に、田舎のオッサンになってしまったことは、仕方ないことですね〔笑〕。


出所サイト

高松は、昔から、日本でも有数の豊かな土地のひとつだったと思われます。今でも、常に求人倍率は国内でベスト10に入っています。

その、高松の駅、風景。

takamastu-sta


高松でも、ここは立川。
立川飛行場跡のすぐ近く。

なぜ、「高松」という地名なのか、図書館で調べてみたいと思います。
posted by ザッキーニ at 00:56| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる力-閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。