2006年10月23日

抗酸化力

野菜のウリのひとつ、抗酸化力がどのくらいあるかを・・・
を示した野菜が、来年(2007年)から並びそうです。

日本農業新聞からの記事ですが、

抗酸化力ひと目で トマトを近赤外線で測定/デリカフーズ
[2006年10月23日付]


 抗酸化力を明示した野菜が、2007年度にもスーパーの店頭に並びそうだ。青果卸のデリカフーズが、近赤外線を利用して簡易測定することにめどを付けたためで、トマトで実用化する。野菜の新たな価値提案として注目される。
 
 外食との取引が多い同社はこれまで、野菜の健康成分に注目し、ビタミンなど分析データを実需者や産地に開示してきた。しかし、従来の測定方法は検体をすりつぶし2時間かかるなど煩雑。そこで今回、近赤外線を使うことで瞬時に、非破壊的な測定を実現した。
 
 まず、老化の原因とされる活性酸素を消す力(抗酸化力)の測定をトマトから始める。近赤外線を照射し、センサーで感知した波形データから、トマトの抗酸化力が分かる。同社が蓄積した約2000検体との相関性から分析。検査結果を基に「抗酸化力3つ星のトマト」などと店頭でPRする。
 
 同社は将来、外観ではなく、機能性など中身に応じて野菜の価格を決めて販売することを目指している。田井中俊行開発室長は「免疫力や解毒力といった多彩な野菜の機能性の表示にも挑戦していきたい」と話している。


デリカフーズ、やりますね〜。

この記事は、どうも、9月22日付けの日経にも載っていたようです。

それより、このサイト以前もみたのですが、キャベツファンの当方なんかは

2006/08/10 「北海道キャベツフォーラム」〜道産キャベツの加工・業務用供給の可能性〜

というのが、惹きつけられますexclamation

なんか、会社的にも応援したくなる、会社です。

似た社名で、四国に工場のあるのがありますが、どうも、ここは アカンかっただす。


posted by ザッキーニ at 22:50| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの食品表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。