2012年07月21日

飼い犬税のこと・続

前回、書いた、大阪府泉佐野市の「飼い犬税」設置構想について、地元の泉佐野市のペットオーナーや市民から賛否両論の意見が巻き起こっている、そうです。
週刊ポストの2012年8月3日号では、このことを取り上げ、取材、記事にしてます。記事では、・・・


 「やりすぎだ」という声が上がる一方、「よくぞ言ってくれた」と喝采を博す意見があるのも事実。愛犬家や市民を二分する方策がなぜ、大阪の小さな自治体で生まれたのか。それは泉佐野市にある“特殊な事情”が絡んでいた。

 と、あります。

 ご存知のように泉佐野市は関西国際空港の対岸にある市で(もっとも、関空もその対岸の市の一部になっているはず)、貝塚市等と隣接している市です。
 その対岸にあるりんくうタウンに、大勢の犬を連れたお客がきて、その犬を散歩させながら、糞も落としていくというケースもあるようです。


 もちろん、地元市民の犬散歩の時のマナーがいまいち、なこともあるのでしょう。

 まあ、けど、犬を飼っているひとはいまやこんなに多いわけで、どこでも、同じような「糞害」がありそうなものです。
 現地の糞の落とし具合は、そんなにひどいのでしょうか?


 それにしても、一種の贅沢税みたいなものですし、徴収できるところから取るは、OKだと思う。
 
 さて、犬をペットとして購入すると30日以内に自治体に登録を行ない、年1回の狂犬病の予防接種が義務付けられる、そうです。その際に税金を徴収し、清掃や巡視員の人件費など犬のフン害対策に充てる考えだそう。

 課税額は「今後のフンの対策費用に合わせて検討する」らしいが、「業界では1000〜2000円程度になるのでは、」とのこと。(大阪府内のペット業者いわく)


 記事の原文はこちら

 週間ポスト(平成24年8月3日号)
posted by ザッキーニ at 11:58| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 生きる力-閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
犬って、可愛いんだけど
やかましいのは玉に傷ですねえ
Posted by 山口ジジイ at 2012年07月24日 01:13
ホンマ、やかましいのは、蹴飛ばしたくなりますな!
Posted by morimachi at 2012年08月03日 07:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。