2012年12月03日

がん幹細胞のマーカー特定をした

きのう、12月2日の英科学誌ネイチャー・ジェネティクス(電子版)に載ったようです。がんの幹細胞だけに特異的に反応するマーカーを特定したと京都大学消化器内科の千葉勉教授らのグループが発表しました。

--以下、時事通信から--
がんの幹細胞だけに反応するマーカーを特定したと京都大大学院消化器内科学の千葉勉教授らの研究グループが発表した。マーカーが発現した細胞を除去しても正常組織への副作用はなく、新たな治療法が期待できるという。論文は2日、英科学誌ネイチャー・ジェネティクス(電子版)に掲載された。
がんの治療には、がん細胞をつくる幹細胞を根絶する必要がある。しかし、これまでのがん幹細胞のマーカーは、正常な細胞の幹細胞にも発現し、がん幹細胞との区別ができなかった。
 研究グループは、消化管幹細胞マーカーの候補遺伝子として知られていた「Dclk1」に注目。マウスの腸でDclk1を識別できるよう操作した結果、正常な腸ではごく少数でやがて消滅したが、がんの幹細胞があるとみられる腫瘍のある腸では、Dclk1が増え続けることを突き止めた。
 Dclk1が発現している細胞だけを排除する遺伝子操作をしても、正常組織への影響はなく、腫瘍の大きさは5分の1に縮小した。
 千葉教授は「がんの幹細胞を標的とした治療法を開発する上でこれまで大きな障害だった問題を一挙に解決する可能性がある」と話している。 

--ここまで--

 2日は、雨上がり決死隊の宮迫博之氏の胃がんであることを発表した日でもあります。龍馬伝で、加尾(広末涼子)の兄、平井収二郎役を演じた宮迫、まだまだ42歳。
http://morimachi.seesaa.net/article/143011725.html
(龍馬伝、2012/3/07)

 11月上旬の定期健康診断で見つかったそう。40歳代、仕事も遊びも油が乗り切っている時、からだのリズムの変わり目でもありますね。厄年やしね。

 胃がん、男性の罹患率では、堂々のトップ。10万人当たり78.9人。(2007年度版、国立がんセンター発表)
 女性では乳房が1位(同67.1人)。男女とも大腸がんが2位。

 ま、しかし、早期発見早期治療で、元気に復帰してほしいですね。
posted by ザッキーニ at 11:22| 高知 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 生きる力-閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近になって日本の癌学界でも癌組織体の根源細胞である癌の幹細胞の存在が注目され始めました。癌の幹細胞に関する研究が進展すれば、将来の癌治療に重大な転機を齎すものと期待されます。小生は1992年以来、癌の幹細胞に対処する治療概念、すなわち、今までにない全く新しい治療概念を記載した論文17篇を国際的な医学雑誌に発表しています。それらの論文資料にご関心のある方には個人的に無料で郵送致しますので郵送できる宛先をお知らせ下さい。
780-0870 高知市 本町 5-4-23
          平田病院 平田陽三
E-mail: hphirata@mb.inforyoma.or.jp
Posted by 平田 陽三 at 2013年01月15日 11:10
平田様

コメント有難うございました。
癌はこわい病気です。

ご研究の一端を拝見できますこと光栄に存じます。改めてご連絡いたします。
よろしくお願いいたします。

Posted by morimachi at 2013年01月16日 10:57
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
Posted by 職務履歴書 at 2013年01月24日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304978541
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。