2007年02月19日

大根食いに医者要らず

昨日の酵素ついでに・・・よく、大根食いに医者要らず、な〜んて言われます。

大根はたしか、日本で一番作付面積が多くて、一番収穫量の多い野菜だったかと思います。(どこかの飲食店で見たものです)


で、大根に含まれる酵素は実に、100種類以上とも言われています。その中で、私たちの体に影響を与えるものは下記のような種類のようです。


アミラーゼ(別名:ジアスターゼ) でんぷん分解酵素

プロテアーゼ  たんぱく質分解酵素

セテラーゼ たんぱく質分解酵素

リパーゼ 脂肪分解酵素

カタラーゼ 活性酸素分解(除去)酵素

オキシダーゼ 発がん物質分解酵素(おこげ、魚のコゲなど)
ミロシナーゼ 辛味発生酵素

ここで、実験。片栗粉を熱いお湯で溶くと、固まります。この塊に、大根おろしを加えると、酵素で分解されて液状になります。



それと、大根の栄養については、ご存知のように、

大根 ビタミンA  ビタミンC ビタミンE 食物繊維
 葉  3900μg     53mg 3.8mg 4g
 根   0      12mg 0 1.3g

葉の方にはるかに栄養が多いです。

こんな感じでも分かるかも。

http://hicbc.com/tv/karada/archive/20060917/index.htm
ラベル:大根 大根役者
posted by ザッキーニ at 21:45| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの食品表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。