2007年03月12日

冷凍野菜の安全性

当方がとってる、メルマガに、冷凍食品(冷凍野菜)の野菜は安全か?という・・・ という、投げかけがあって、それを読んでいくと、結論から言うと「残農検査などやっていないので、安全性ははなはだ疑問」ということが書かれていました。


 ここに、香川県中央青果の発表があります。

 食生活の多様化や規制緩和などにより、農産物の輸入が増加しています。輸入野菜や果物の種類も増え、世界各国からいろいろな農産物が輸入されるようになりました。こうした背景からJAS法では平成12年7月から全ての生鮮食料品に原産地表示が義務づけられるようになってきています。その一方で、ポストハーベスト農薬や放射能汚染などの安全性についての関心も高くなっています。
 そこで、輸入野菜・果物の安全性や栄養価などについて調査しました。
(引用)


 でも、これは生の輸入農産物ですね。

 ラディッシュぼーやのサイトからは、

 2002年3月、民間団体が行なった中国産冷凍野菜の残留農薬検査で、ほうれん草から基準値を超える残留農薬が検出されたとの報道がなされました。らでぃっしゅぼーやの「冷凍ほうれん草」なら、栽培法にこだわった国産原料、安心して口にできる野菜です。(引用)

 と、警告的な文章が出されています。(ですが、2002年ともう5年前のことですが)

 
 実際、行政の検査体制について、輸入の冷凍野菜モノは個別包装で検査しにくい冷凍食品については、検疫が甘いという実態も報告されているようです。



 もうちょっと、お勉強ということで、

東京農業大学 国際食料情報学部教授 日暮 賢司氏が、

中国からの輸入増大と国内産地のあり方
と題して、レポートを書いています。
2005年12月ですね。

 ま、気をつけるにこしたことないね。特にこの国に住んでいくには、何でも自己責任、と自分で知る、ということでしょうか。




posted by ザッキーニ at 21:19| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの食品表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。