2007年04月09日

しるこドリンク

花冷えのおかげで、桜満開が、持続しています・・・
 そんななか、日中、高知市内の桜の名所のひとつ、九反田というところの堀沿いの桜が、個人的に好きなので、観てきました。
 ↑
 こんなに、いい日差しじゃなかったので、花の色も薄れていましたが、大変よかったです。

 近くに100円自販機があったので、しるこドリンクなるものを買い求め、

【原材料】

砂糖、ササゲ、小豆(十勝産50%使用)、インゲン豆、澱粉、食塩、乳化剤、ph調整剤

内容量190g

カルピス(03-5721-3713)

十勝産50%ということはそれ以外が50%、ということです。
乳化剤、PH調整剤も入れていることも、やはり、なんとなく気になります、ね。

 さて、ササゲ と 小豆 とあります。この両者、よく似てますね〜。でも、お豆百科事典によると、ササゲは形・色は小豆の少納言に大変大変酷似している、とあります。 たしかに、マメ科のササゲ属に属します。

 小豆にもいろいろ種類があり、赤小豆、白小豆、赤小豆には豆の大きさで大納言、中納言、少納言などと分けられています。

 で、今回、インゲン豆も含まれていて、この名前の由来は隠元という中国の和尚からきていることはご存知。 このインゲンの金時豆あたりが、入れられていたのでは、という感触です。

 実際、缶入りをそのまま飲むと、豆をじっくり吟味して呑むことはなかなか困難です。 で、しるこを自宅で作ったときと、どうしても保存を効かさないといけない、いまの流通事情からすると、 味が どしても、企業の味になってしまうのは、仕方ないことなのかもしれません。





 
posted by ザッキーニ at 02:11| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの食品表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。