2007年04月09日

LLP設立・・

LLPのことを書きかけで、・・・

 ネットで、調べ始めました。

 LLP=有限責任事業組合、ということで、たまに耳にしたり、目に入ってきたりするかと思います。

 定義づけ、などは、いくつか見て、なるほど、沿うかぁ、という感じになりますが、 ここ のサイトなんかをみると、 えっ という感じで、その将来性については、あまり明るくないような記述が盛り込まれていたりもします。

 それは、ともかく、これまでの、いわゆる組合とか会社では、制度上限界がある、というこで、経済産業省が、新たな制度として創設したことが経緯としてあります。

 平成14度末に経済産業省でLLC研究会を立ち上げ、すぐにでも法制化の予定が、財務省が難色を示し、再度こんどは新たに、平成16年9月に、LLP研究会を立ち上げ法制化に動きました。

 その結果、構成員課税が適用される日本版LLP法(有限責任事業組合契約に関する法律)が、平成17年4月27日の国会で可決成立し、8月1日に施行され、これにかかる政令(施行令)と経済産業省令(施行規則)も同日から施行されました。

 それにより、日本版LLP(有限責任事業組合)という新しい企業形態が創設されたのです。

 また、会社法も平成17年6月29日に可決成立しました。施行日は平成18年5月になりました。

で、すでに制度としてあるわけですが、なんで、将来性がダメなのか、それは今のところ、わかりません。

・・・(サイトから引用)多くの人が日本版LLP(有限責任事業組合)の将来性・発展性に疑問を抱くと思います。
 ただし、日本において画期的なものをつくるということは現状では無理だと、個人的に思います。なにも、日本版LLP(有限責任事業組合)の話のことだけではないのです。
 なぜなら、日本の役所が縦割りだからです。ようするに、経済産業省は経済産業省の立場があり、財務省は財務省の立場があり、法務省は法務省の立場があるということです。・・・・


 というような、ことです。
インディビジョン派遣


 どこが、というのは、読みこなしながら、調べながら、自分なりに解釈していきたいと思います。




posted by ザッキーニ at 23:56| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 被雇用能力・転職・再就職・いちおし会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。