2007年04月24日

東洋町新町長

統一地方選も終わり、2日経つと、すっかり世間は落ち着いた感じで・・・
 で、注目だった東洋町の新町長、沢山保太郎町長は、早速に原環機構の山路理事長に電話をし、前町長が応募した件について、撤回の申し出をする意思を伝えた、そうであります。

 この申し出に対して、山路理事長は「町の意向に沿う方向で手続きをしたい」という返事をしたらしいです。

 この件については、一見??、落着でしょうか、ね。

 でも、これは処理済み箱にいれたとしても、町の財政をどう立て直すかの、手腕が、厳しく求められるところであります。

 日経新聞の四国版にも、その辺のところが記載されており、例えば、2005国調によるところの、町内完全失業率は14.9%だと、いうことで、高知県内で最悪の数字。

 経済建て直しは、第一次産業を中心に失業対策をしっかりやる、総合計画がないので、早期に作る、とあります。(そいえば、数年前、役場に総合計画ください、といったら、うちはまだつくってないきね、と言われたことがある)

 しかし、しかし、どうなるか。効果を挙げることができるとすると、全国の過疎地域、山村地域でも、活用できるであろうし、素晴らしいと思うが、かなり高い確率でダメでしょうね。

 って、書いちゃうと、実もふたもないので、この沢山熱血漢に期待したところ、です。 おそらく、いろんな民間が寄って集ってくるでしょう、ね。
posted by ザッキーニ at 19:31| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる力-閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。