2007年06月26日

豚肉混入偽装事件(4)

先週の今頃は、コムスンだったのが、すっかり忘却の様相です。コムスン関係者には、好都合でしょうが。さて、偽装事件から内部告発放置と・・・ 矛先が少し変わってきました。

 しかし、ここでも、また「役所」(注:役所広司ではない!ちなみに、役所広司氏のブログはこちら(発見!)) の怠慢が暴露されてしまいました。

 なんと、今回の偽装事件の内部告発が、昨年(2006年)2月6日に、北海道の農政局に出されていたということです。

 なんという、怠慢。

 この担当者は、処罰されてしかるべきでしょう^^。

 昨日の夜の毎日新聞ニュースでは、農水省は、今回の内部告発の処理に不手際があった、道との連携が不十分だったと、説明しています。

 
 今回の問題点は、国と都道府県のどちらが管轄・指導するかについて、JAS(日本農林規格)法は事業所が一つの都道府県のみにある場合は県にあり、複数にまたがる場合は国にあると規定している。今回はどちらが管轄するのか国と道で、お見合い状態となり、告発が放置されることにつながった、としています。

 しかし、お粗末やね。

 あ、それと、今回の牛肉コロッケの表示を載せたいところですが、未入手ですな。ま、そのうちに。

 お、それから、農水省からみで、こんな記事を発見しました。

「役所辞めて役者に」 49歳官僚が異例の転身

 役所 役者 で検索したら、ヒットしたというもの。アーリーリタイヤメント、ですね!!




posted by ザッキーニ at 08:54| 高知 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの食品表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。