2007年10月15日

開票結果

ということで、昨日の市会議員選挙は日付が変わる頃、23:40頃に・・・ 当落が判明したようです。(随分と時間がかかったのでは??)

 選挙結果は、 こちら
 
 26人候補で21人が当選。

 ちなみに、今年のはじめ頃だったか、北川正恭元三重県知事の講演を聞いた際には、行政改革のひとつとして、選挙の際の開票作業の時間短縮を断行する!って、おっしゃっていました。

 その前後ごろに、たしか、府中市での選挙(議会だか、市長だかは失念)の開票作業で、日本で最短時間を更新した、っていう話もいただいた、記憶があります。


 あっ、少し記憶違いのようです。

 府中市は、1992(平成4)年1月26日の市長選挙の開票事務作業時間が、439人の職員が担当し33分という記録を持っているが、さらにその時間を短縮しようと、知恵を出し合い、様々な工夫を重ねているっていうことです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 選管改革から始まる真の民主主義(2)府中市編

 これは、19時に投票が終わり、1時間後の20時から開票するとして、20:33には終了したという、驚異的なものです!!@@


 今回の当市での開票作業の終了は23:40として、開始が20:00だったとしても、220分 という、これも、恐ろしく、驚遅的なものでもあります。 まぁ、人数の問題なのか、手際の問題なのか、でしょう。 府中市の人口は、たしか20万人くらいだったかと思います。

 いずれにしても、こうした「改革」を目指そうという動き、がなかったことは、どうも、違いなさそうです。



 一応、市の広報サイトにも、掲載されたようです。

 
posted by ザッキーニ at 22:10| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる力-閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。