2007年10月18日

兵器処理で特別背任

新聞の1面に掲載されています。旧日本軍が中国で遺棄した毒ガス兵器の処理事業をめぐって・・・
 受注した、大手建設コンサルタント会社「パシフィックコンサルタンツインターナショナル」グループ企業で、不正な会計処理がされ、1億円が流用された、ということです。

 東京地検特捜部は、昨日17日に関係先を家宅捜索し、強制捜査に乗り出した、ということです。


 今回の事件の受注の流れは、こうです。

内閣府
 ↓
遺棄化学兵器処理機構
 ↓
PCI
 ↓
PPM
 ↓
複数の企業



 特別背任の疑い、ですから、企業の幹部がなんらか、企業に損害を与えた、疑い、ということでしょう。


 実は当方の知り合いも、今回の事業の中で業務をしていたということだったのですが、いまは連絡もないので、どうされているか、わかりません。

 
posted by ザッキーニ at 20:53| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 被雇用能力・転職・再就職・いちおし会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。