2007年11月11日

社会を蝕む闇の資金(NHKスペシャル)

今晩のNHKスペシャル、見ましたか?2007年11月11日(日) 午後9時〜9時49分、総合テレビ・・・
 
 ヤクザマネー 〜社会を蝕(むしば)む闇の資金〜

 暴対法施行15年、暴力団が今、覚せい剤や賭博などで得た資金を、新興市場やベンチャー企業への投資に回し、莫大な収益を上げている、ということです。

 ライブドア事件の際に、自殺した幹部の影に、暴力団あり、と巷の雑誌にはありましたが、すると、あれは本当だったのでしょうか。


 NHK取材陣による、際をつく映像でしたが、元をたどれば、わが国の規制緩和で生まれた新たな市場が“シノギの場”として絶好の場だった、ということです。

 しかし、頭がいいというか、です。


 きょうの番組での一番の訴えは、今年度の警察白書でも初めて書かれたという、「共生者」という存在であるそうです。表向き暴力団とは関わりのない元証券マンや金融ブローカーで、専門知識をもつプロたちが次々と暴力団と手を結び、“濡れ手で粟”の儲け話を取り仕切りっている、ということです。


 拝金思想蔓延の世の中で、一方には、非正規で働かざるを得ないひとびとがいて、一方で、知恵?を駆使し、大金を手にするひとびとがいるわけです。


 ところで、このシリーズの続編はあるのでしょうか?
posted by ザッキーニ at 23:20| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きる力-閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。