2008年02月05日

金の微糖。買いたいコーヒーランキング

レギュラーコーヒーを飲みたい、と思い、時間がないまま、仕方なく、コンビニで、缶コーヒーを買ってしまいました。目に付いたのが、WONDA金の微糖・・・ 。プシュっと開けたあと、大体、いつも、後悔する、のであります。


 今回、微糖に惹かれたわけですが、

【原材料】

牛乳、コーヒー、砂糖、全粉乳、デキストリン、カゼインNa、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(VC)

内容量は、185g。

製造元はアサヒ飲料梶B

で、微糖のわけ。

100ML中、糖類が1.9gだからだそうで、通常は、7.5g入っているのだそうです。


 でも、それは、甘味料のせいだろうと、思います。


 アメリカの高速バス停みたいにバス乗り場近くに、安くて、うまい、コーヒーを!!運動でしょか!!!


 で、オリコンが消費者調査(オリコン顧客満足度調査)ということで、「買いたいコーヒー」ナンバー1を明らかにしました。

 20〜39歳の男女、1280人を対象にした結果、1位は「マクドナルド」。2位がドトール。3位モスフード、4位スターバックス、5位ミスタードーナツ、でした(略した名称ですみません)。
 今年、2008年は、日本に初めてコーヒーショップができてから120年という記念すべき年らしい、ですね。
 

 さて、マクドナルド1位の理由は、ですが、「1杯100円」が、最大要因ですね。

 それは、「購入意向」についての項目。ここで圧倒的な評価を得て1位になったのは「マクドナルド」のコーヒー。味、香りはほぼ他店と変わらない好評価にも関わらず、100円という値段が首位の理由といえそうだ、ということです。

 2位は、「ドトール」。味全体のバランスと、ミルクと砂糖を入れて飲んだ際のバランスの良さ、そしてそのバランスに対する値段設定という店で評価が高かった。

 3位は、「モスバーガー」。ブレンドコーヒーと合わせて炭火アイスコーヒーも人気が高かった。

 味の評価でトップだった「スターバックス」は購入意向の面では4位。料金設定が、その他4社よりも高めの設定ということで、購入に関して意見が分かれた。 




06年9月〜07年8月のCREST*調査で上位5位に選ばれた利用者の多い代表的な5店。被験者にはそれぞれ2種類ずつを飲んでもらい、
「香り」
「苦み」
「酸味」
「後味」
「濃さ」
「全体のバランス」の6項目と、
さらに実際の販売価格を伝えたうえでの
「購入意向」
の合計7項目について評価してもらった。 



以上、オリコン買いたいコーヒーランキング
  *CREST:エヌピーディー・ジャパン株式会社が提供する 365日、首都圏・京阪神圏の15歳以上の男女個人20万人の「外食・中食利用実態データ」を収集する消費者パネル調査
posted by ザッキーニ at 21:42| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの食品表示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。